2015年11月11日

ボリウッドのスター・シャールク氏の新聞記事 インドの発展の行方は?

日経新聞の朝刊(11月6日付)に世界でいちばんかっこいい(と私が思ってる)ボリウッドの大スター「シャールクカーン」が載ってた!

 インド映画ブームもここまできたかと喜び勇んで記事を読めば、そんなお気楽なミーハーな話題ではありませんでした。


ヒンズー教徒のカーストによる身分差別が厳しいインドは、ヒンズー教徒以外の信者への差別も深刻と聞きます。

異教徒同士の争いも絶えませんが、庶民の願いは宗教を超えた友愛のようで、ヒット映画では、異教徒同士の友情や恋愛が多く描かれています。


しかし経済発展を唱えて発足した現政権は、ヒンズー至上主義を
加速しているとの事で、その宗教不寛容は祖国の歩みを奪うと、
シャールク氏は語っています。

中国経済の不調を受け、次の世界経済の担い手として期待の高まるインドですが、この複雑なお国柄ゆえのハードルの高さを知ることのできる記事でした・・・・


同じカテゴリー(アジア)の記事

Posted by あんしん合同会計事務所 at 18:22│Comments(0)アジア
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。