2011年10月30日

タイ・バンコクの洪水が心配です

大好きな街、タイのバンコクが洪水で大変なことになっています。

数日前には、遂に街の中心部まで水が溢れだし、

バンコクに行くといつも滞在するチャイナタウンの通りに、

水がザーザー流れている様子がテレビで映っていましたicon10

いつも、ビール買ってるコンビニの前も大変なことに

なってる!

 大好きな、あの屋台はどうなってるんやろう?

店員さん達の顔が浮かびます。。。


今回の洪水がここまでひどくなったのは、

タイの政府が長く政争に明け暮れて、治水を

おろそかにしてきたから、という意見もあるようです。

今年の8月には、タクシンさんの妹さんのインラックさんが、

半タクシン派を倒して、首相になったばかり。。。

よみうりオンラインの記事によりますと、

「両派とも10~20年先を見据えた治水をおろそかにし、

農民支援など選挙に勝つためのバラマキしか考えていない」

と批判しているタイのコラムニストもいるそうです。


あらら・・どっかの国と似てるような。。。


洪水の様子の映像を、心配しながら見ていると、

やっぱりタイの人は凄いな、と思います。

みんなの顔が悲壮でなく、どこかあっけらかん

としているところです。

こうゆうところが、タイの好きなところでも

あるのですが。。。。


11月になると乾季に入るので、少しでも早く

大好きな街バンコクが、通常に戻ることを、

祈るばかりです。
  


Posted by あんしん合同会計事務所 at 22:11Comments(0)

2011年10月25日

公的資金は、英語で?

随分前から「公的資金」という日本語に、違和感を覚えてました。

 そしてここ最近の、ギリシャ危機を発端とするヨーロッパ諸国の財政問題のニュースをみる度に、その違和感がピークに達し、素朴な疑問に変わりました。
「外国語でも、公的資金って、言うてるんかいな?」と…。

 その疑問は、Wikipediaで即解決しました!
Wikipedia によりますと、「外国では公的資金(英語:public fund)のような表現はあまり用いられず、より直接的に taxpayer money あるいは tax money、つまり「税金」と表現される場合が多い。」
だそうです。 

 素朴な疑問は解決し、すっきりしましたが「公的資金」という日本語に対する違和感は、やや増幅してしまいましたface07・・・。トホホ  


Posted by あんしん合同会計事務所 at 17:41Comments(0)

2011年10月17日

11月11日のチャレンジゲート(セミナー)のご案内

来る11月11日(金) 18時30分から、ドリームゲート(チャレンジゲート近畿)で、
セミナー講師をさせていただきます! 場所は、堺筋本町の産業創造会館です。

 詳細案内はこちら→、

タイトルは、
「社長が数字に強くなければ、これからは生き残れない!
資金調達をラクにするため、押さえておきたい、会計・財務のイロハ!
~キャッシュフロー経営で、不況に負けない強い会社をつくりましょう~」

です! 起業家・経営者の方に、最低限押さえておいていただきたい、財務の
知識をお話します! これを理解しなければ、会社の資金力アップは、望めません!

ご興味のおありになる方は、是非、ご参加ください!


同日後半のセミナーは、同じく税理士の方のお話です。
タイトルは、
「税理士の目でみた成功社長のノウハウシリーズ
~起業して1年で年商5000万、2年で1億稼ぐ成長社長の共通点~」です。

終了時間21時 参加費 3000円です!

多くの皆様のご参加をお待ちしています


  


Posted by あんしん合同会計事務所 at 17:08Comments(0)

2011年10月07日

「決断できない日本」元アメリカ国務省・日本部長メア氏著 

 あの「沖縄は、ゆすりタカリの名人」発言で、有名になってしまわれた、
メア氏の著書を読みました。

 問題になった発言ついては、「基地問題に横たわる補助金のシステムそのもの問題点」
についての講義が、あのような日本語の表現による記事になったようですが、
良し悪し及び真偽は別としても、日本のメディアでは、デリケートな問題なのか、
このような取り上げ方をしないですよねicon10。。

 著書はこの他に、東日本大震災の、日本支援のチームの調整官として、
活躍された経験談も詳細に書かれており、原発事故の対応など、
興味深いものが多くあります。

 この本の中で、私が一番衝撃的だったのは(この本の主旨からは外れますが)
大震災の日本支援チームで、最初に守るべきルールとされたのが、
「普段の勤務体制と同様の勤務時間とすること」だったことです。 

過去の経験から「疲れると良い判断ができなくなる」というのが、理由だそうで、きっちり、三交代制が守られたそうです。
やはり、なんやかんや言うても、アメリカの偉い人たちって、めちゃめちゃ合理的ですね。。

 そして、その世界でもっとも合理的な人間のうちのお一人が、愛を込めて指摘されている
「日本のよくないところ」は、「失敗を怖がりすぎている」というところでした。 

これについては、私の尊敬する宋文洲さんも、同様のことを著書で述べておられました。

 日本を愛してくれている外国の方(メアさんも、宋さんも奥様が日本人なのです)
からみれば、失敗が許されない、失敗を恐れすぎている日本社会は、
不可思議以外の何ものでもないのでしょう。。。。

 この本、予想外に売れていて、話題の本になっているそうです。外の人の意見に
飢えている日本人が、増えたということでしょうかね?  


Posted by あんしん合同会計事務所 at 20:30Comments(0)

2011年10月03日

10月です!

10月になったとたん、急激に気温が下がって、辛い!

なんか、ここ何年かは、季節の変わり目が、極端ですよね? 

全国の神様が、出雲に出張してお留守の、10月・神無月。

ウイキベティアによると、出雲で神様たちが、縁結びの会議をされているとか!

会議の風景を想像すると、なんか楽しいですねface02! 

 広島より頂きもののかぼちゃ。実りの秋は、絵になります   
タグ :10月神無月


Posted by あんしん合同会計事務所 at 19:08Comments(0)